調査研究事業

がん検診診断精度強化事業(よりよい検診を目指して)

精度管理とは?

検診における技術を一定水準以上に保つと同時に、その効果、効率などを明らかにするために行うことです。成人病予防センターでは、昭和58年12月の公衆衛生審議会答申、専門委員会報告「保健事業の推進方策について」に基づき、以下のような精度管理を行っています。

  • 検診の方法、技術の検討と向上
  • 判定の検討
  • 精検の精度など検診システムの検討
  • 要精検者の追跡調査
  • がんと診断された症例の検討
  • 発見がん患者の生存の有無の確認
  • 結果の集計と分析
  • 市町、医療機関、県担当課との連携業務

当センターではがん検診事業の精度を強化する目的で下記の部位に対して委員会を設け、先生方にお集まりいただき症例等を基に検討会を行っています。

子宮がん検診結果検討会
子宮がん検診結果検討会

調査研究
乳・甲状腺がん検診専門委員会

・胃がん検診 胃集検読影委員会 年3回
・子宮がん検診 子宮がん検診結果検討会 年1回
・肺がん検診 肺がん集団検診委員会 年2回
・乳がん検診 乳・甲状腺がん検診専門委員会 年1回
・大腸がん検診 大腸がん集団検診委員会 年1回
・マンモグラフィ検診 読影検討会 年2回
・胃がん検診 読影検討会 年2回
がん検診検断対策事業
センターの調査統計
結核予防会
協賛活動
よろこびの会
情報公開資料
ホームセンター紹介集団検診事業 | 調査研究事業 | 啓発事業寄付のお願いお知らせ個人情報保護方針
Copyright (C) Ishikawa Seijinbyou Yobou Center. All Rights Reserved.
公益財団法人 石川県成人病予防センター
〒920-8201 金沢市鞍月東二丁目6番地
TEL:076-237-6262 FAX:076-238-9207